株式会社AVC放送開発 取締役 経営企画室室長大田幸寿氏

AVC放送開発という社名を聞いたことがある県民は多いのではないかと想像する。 イメージは“放送関係全般を担っている会社”という感じ。 今日は何をしている会社なのか、とことん質問をしてみよう。 そんなことを考えながら、青島に繋がるバイパス道路沿いに…

 【MUKASA-HUB 法人会員連載Vol.1インタビューコラム 九州旅客鉄道株式会社 宮崎総合鉄道事業部部長 宮野原佳】

JR南宮崎駅の隣に、JR九州の鉄道事業部があることを知っている県民は、意外と少ない。駐車場に入り線路沿いの道を抜けると、新しく飫肥杉のあしらわれたエントランスが見えてくる。宮崎市と日南市を結ぶ観光列車、特急「海幸山幸」にも使用されている素材だ…

タリーズコーヒー宮崎橘通り店15th anniversary記念対談

クラシックなタリーズコーヒーの佇まいが残る、宮崎橘通り店。 カウンターのスポットに照らされて、足元の天然石タイルが濃紺に光っている。 「このタイルもさ、最初は全然ワックスが乗らなくって。」 そう語る目に、口元に、店への愛情が溢れている。オープ…

新しい時代のワークスタイルとは

MUKASA-HUBトークセッション2日目 ゲスト:ユーケーブリッジ大矢 健治さん ノーツデザインオフィス藤原祐介さん ファシリテーター:MUKASA-HUBプロジェクトリーダー村岡浩司 大矢健治 株式会社ユーケーブリッジ 代表 日本での料理修業を経て92年に単身で渡…

“ものづくり“と“ものがたりづくり“を一緒に考えていく

MUKASA-HUBレセプションパーティー トークセッション1日目 ゲスト: CMディレクター今村直樹さん クリエイティブディレクター田中淳一さん ファシリテーター: MUKASA-HUBプロジェクトリーダー 村岡浩司 今村直樹 1954年生まれ、岐阜県出身、CMディレクター…

MUKASA-HUBのこれまでとこれから-後編-

この街で、日本一のベンチャーヴィレッジを __開けていて気持ちのいい立地ですよね。 これからこの場所に、どういったビジョンを抱かれていますか? 村岡「これからということを話すと、日本一のベンチャーヴィレッジを作ってみたいと思うんです。今は校舎…

MUKASA-HUBのこれまでとこれから -前編-

私がMUKASA-HUBに到着すると、村岡さんがお客様を施設内に案内していた。 納期を控え完成にさしかかっている屋舎には、たくさんの施工業者が出入りしている。 少し埃っぽい暖かな風が吹く中で、その活気のある様子は、MUKASA-HUBという新たなコミュニティの…